2005年03月03日

明日のイベントだけどもーーー

24Kエミリです。
明日に迫ってるイベントだったけど、面白そうなので。一応。
お時間ある方是非!!(いつもぎりぎりの投稿でごめんなさいm(--)m)

■ Body And Soul (www.body-and-soul.org)主催イベント ━━━━━━━

■■       高野孟(たかのはじめ)さん講演会
■■■           「食と農をとりもどす」 2005.03.04 (Fri)
■■■■
■■■     〜 ブックレット『Peace Kitchen』創刊記念 〜
■■ ※JVC(日本国際ボランティアセンター)イラク・カンボジア活動報告  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

20世紀、私たちは、より便利で快適な生活を求めて
“食”と“農”を“豊か”にしようと試みてきました。
しかし、自然本来のリズムを壊してまで手に入れた“豊かさ”は、
いったい私たちの食卓に何を与えてくれたでしょうか。

かつて、人が自然と、土と共に生きていた時代から
長い年月が経ちました。
21世紀を、人間らしく生き抜くために、
私たちに必要なものとは、何なのか、
皆さんと一緒に考えたいと思います。

前半部では、
現在、半農半電脳生活を実践される
ジャーナリスト・高野孟さんにお話をいただきます。

後半部では、
主催団体Body And Soul が「食と農」をテーマに作成したブックレット
『Peace Kitchen 〜食卓から変える!私たちの世界〜』の売り上げ
20パーセントの寄付を予定しているJVC(日本ボランティアセンター)
の佐藤真紀さん・鈴木まりさんより、イラクの現状報告・カンボジアでの
活動報告をお願いしています。

“食”と“農”をキーワードに、私たちの日常を見直し、経済とは
別の尺度の“豊かさ”を手にするためのライフスタイル提案講座。

■日時■ 2005年3月4日(金)
      開場18:00   開演18:15 終了(予定)21:00

■場所■ ポレポレ坐(仮) (参考:http://www.mmjp.or.jp/pole2/

JR東中野駅西口北側出口より徒歩1分
駅ホーム北側正面地下鉄大江戸線A1出口より徒歩1分

※ミニシアター“ポレポレ東中野”のあるビルの1階
2005年春頃よりイベントスペースとしてオープン予定の場所

■参加費■ 一般1000円
(参加費の200円分は地域通過200BASで代替可能です。)

■定員■ 100名(予約不要・先着順)


◇◆高野孟(たかのはじめ)◆◇ (http://www.smn.co.jp/takano/

ジャーナリスト。早稲田大学卒。通信社、広告会社勤務を経てフリーランス
ジャーナリストに。同時に月2回刊の会員制ニュースレター『インサイダー』
の創刊に参加。現在、代表取締役兼編集長。テレビ朝日『サンデー・プロジェクト』
『朝まで生テレビ』などにコメンテーターとして出演中。
著書に『最新・世界地図の読み方』(講談社現代新書、99年刊)など多数。
近年は千葉県鴨川市に移住し、“半農牧・半電脳”生活を始める計画を進めている。

「誰もが生きるとは土に生きることだと心得ていて、だからすべてに
慎ましくりりしかった長い長い歴史。それを取り戻すのが21世紀である。」 
抜粋:『Peace kitchen』

◇◆JVC(日本国際ボランティアセンター)◆◇ (http://www.ngo-jvc.net/

カンボジア、ベトナム、ラオス、タイ、南アフリカ、イラク、パレスチナ、
アフガニスタン、北朝鮮で、「農業」「水」「森林」「子どもの教育」「平和」
「緊急支援」などのさまざまな活動を展開。国内では「調査・研究」「開発教育」
「ネットワーク活動」を通じて、公平・公正な社会への提言・啓発を行っている。
1980年に発足して以来20余年、20カ国近くで活動経験を積む。
常に「真に意味あるプロジェクト」を追求し、人々の、地域の将来を見据えた、
「平和で、食料が自給でき、持続的である」社会をめざし活動中。

■お問い合わせ■  info@body-and-soul.org 

■主催■  Body And Soul (http://www.body-and-soul.org

Body And Soul とは?
Body And Soul は、20代〜30代の比較的若い世代が構成している、
学生主宰のNGOです。
「環境」「平和」をテーマに、様々な社会的活動を行っています。
具体的な活動の例として、農業体験、日韓交流があり、
これらは2週に1回程度の定期イベントを開催しています。

『Peace Kitchen』とは?
昨年12月にBody Ans Soulが”食”と”農”をテーマとして、編集・出版した
ブックレットです。今の社会の中で、なぜ”食”や”農”に注目が集まっている
のかを探る、スローライフの入門書的一冊です。
売り上げの20%を、JVC(日本国際ボランティアセンター〉を通して、
イラクの緊急支援・カンボジアの子どもに対する環境教育に、また
韓国JTS(Join Together Society)を通し、北朝鮮への農業支援に寄付
しています。  (定価:500円)
*当日、資料として配布させていただきます。
posted by k at 22:53| Comment(35) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

『世界を変えるお金の使い方』出版記念シンポジウム

2月25日、お時間ある方は是非! 私も行きますよー

『世界を変えるお金の使い方』は、あの『一秒の世界』の次のシリーズです。めっちゃ面白いです。必読で♪



『世界を変えるお金の使い方』出版記念シンポジウム


 12月に発行され、その後ご好評をいただいている、Think the Earthプロ
 ジェクト009『世界を変えるお金の使い方』の出版を記念して、出版元で
 あるダイヤモンド社主催のシンポジウムが開催されます。
 責任編集をされた東京大学・山本良一教授の講演の他、パネルディスカッ
 ションでは「世界は変えられる」と題して、コラムを執筆された方々をは
 じめ、お金を入り口に社会貢献に携わる方が登場します。
 本に掲載された団体にもお声をかけているので、アクションを起こしたい…!
 と思った団体の方と知り合えるかもしれません。

 プログラム詳細、申込み用紙は下記PDFファイルをダウンロードしてください。
  < http://www.thinktheEarth.net/jp/money/pdf/sympo.pdf >

 *日 時 2005年2月25日(金)13:00〜16:00 シンポジウム
                16:00〜18:00 懇親会
 *場 所 学士会館(東京都千代田区/地下鉄 神保町駅すぐ)
      < http://www.gakushikai.or.jp/facilities/map_honkan.html >
 *参加費 無料

 【申込み・問合せ】
  ダイヤモンド社内
  サスティナブル社会教育プロジェクト事務局(担当:成富さん)
  *申込〆切:2月22日(火)(定員150名:先着順の受付となります。)
  *下記FAXまたはEmailにて、氏名、住所、電話番号、勤務先(部署・役職)
   をご記入のうえ、お申し込みください。
   TEL: 03-5778-7770 FAX: 03-5778-6617 Email: one@diamond.co.jp

 <プログラム>

 12:30    受付開始
 13:00    主催者挨拶
 13:10〜14:00 基調講演 山本良一(東京大学生産技術研究所教授)
 14:00〜14:20 特別講演 神田昌典(経営コンサルタント)
 14:30〜16:00 パネルディスカッション
        高岡 美佳 (司会:立教大学助教授)
        上田 壮一 (Think the Earthプロジェクト プロデューサー)
        川村久美子(武蔵野工業大学助教授)
        後藤 敏彦 (社会的責任投資フォーラム事務局 理事)
        田中 章義 (歌人・国際親善大使)
        筑紫みずえ(グッドバンカー社長)
        山本 良一 (東京大学生産技術研究所教授)
        ※プログラム、パネラーは一部変更になる場合があります。
 16:00〜18:00 懇親会
posted by k at 02:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

市民社会をつくるボランタリー・フォーラムTOKYO 2005

毎日投稿。24Kのエ_です。
今日から日曜までやってるイベント。これはなかなか面白い企画もたくさんありそうでー♪
是非ウェブを一回見てみて下さい。
CSRの講座に行ってみたいなー とか思ってます。あしがらさんの上映も気になったり。


市民社会をつくるボランタリー・フォーラムTOKYO 2005

http://www.tvac.or.jp/vforum/index.html

■日時
2005年2月10日(木)〜13日(日)

■会場
東京ボランティア・市民活動センター
およびその周辺会場にて

■企画
ボランタリーフォーラムTOKYO2005実行委員会

■主催
東京ボランティア・市民活動センター

■参加費
1,000円

4日間のすべてのプログラムに参加することができます。
ただし、日野原重明さんの講演 『ボランティア上手は“生き方上手”』、映画 『あしがらさん』 『こどもの時間』、交流プログラム 『企業人のための早春パーティー』 『つなぐ・つながる・つなぎあう夕べ』は別料金になります。詳しくはそれぞれのページをご確認ください。
路上チャリティ・ライブ 『voluntary lifestyle』 は参加費無料です。
posted by k at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

domingo

再び24Kエミリです。
エコ就職のとこでも書いたのだけど、domingoという雑誌。せっかくだから記事にしておきます。

最近立て続けにスローライフ系雑誌が発刊されましたが、これ結構真打ちかも。とか思ったのがこのdomingoでした。

ミスチルの桜井さんが、スロー系の話題って、女の人は余裕を持って楽しんで普通に取り込めるんだけど、男はなかなかアタマ固くて取り込めないかもしれないけど。とかって前に言ってたのですが、たぶんこのdomingoはどっちかっていうと男性向けかもしれません。表紙はとても可愛いので女性も抵抗無いと思うけども。

ビジネスで、スローエナジーを用いることの可能性というか、環境負荷を軽くする、ということに視点を置いた話題が満載です。一度見てみてくださーい


そして、domingoの発刊イベントが2月12日、つまり今週の土曜にあるようです。
こちらも面白そうー 場所はカフェスローだし。その時点でかなりグー♪
そして、apバンクの田中優氏なんかも来るし、こりゃ面白そうですね。
今週末はイベントてんこ盛りですねー

ってことで、domingo発刊イベント以下詳細。貼り付けまーす


●『domingo』創刊記念パーティ
  −トーク&ライブでスローな夜を!


ゲスト:
枝廣淳子[環境ジャーナリスト、(有)イーズ代表]
田中優[未来バンク理事長、ap bank顧問]
中村隆市[(株)ウインドファーム代表、スロービジネススクール設立発起人]
Yae[ミュージシャン]

日時:2月12日(土) 19:00〜21:00(開場18:00)
場所:カフェスロー:東京都府中市栄町1-20-17
料金:予約1,500円/当日2,000円(1ドリンク・ドミンゴvol.1付き)
(予約はカフェスローまで、TEL:042-314-2833/FAX:042-314-2855/Eメール:cafeslow@h4.dion.ne.jp)

主催:(株)技術評論社
協力:カフェスロー、Slow Media Works
posted by k at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコ就職

24Kエミリです。
うーん サロンお疲れ様!いいね。いい感じだったよ。ブログもじゃんじゃん構築していこう。

では本日の投稿。

エコ就職を考えるあなたへ!!
ということで、A SEED JAPANの主催する就職シンポジウムはやっぱりエコがテーマです。
パネディスのメンツがかなーりいいです。行きたい。普通に就職決まってる私も、普通に聞きに行きたい。そんなイベントですね。
そう、今日のサロンで話題に上ったgreen bird(下北と渋谷のゴミ拾いのNPOね)のハセベさんもね。ここで会えちゃうので。
しかもドミンゴをもらえるってのがまたいいじゃないですか。
ドミンゴ、面白かったですよ。まだ読んでない方は是非書店で手に取ってくださーい
エコネタ満載。


ということで、以下に貼り付けます。13日にお時間ある方は是非!


(以下告知文貼り付け)

さて、いよいよ今週末に迫ってきました「エコ就職・転職シンポジウム」、
すでに100名を超えるみなさまからお申し込みをいただいています。
まだ若干残席もありますので、奮ってご参加ください。

先日のメールでは、参加者全員にASJ ニュースレター「種まき」2月号と
グレイス『グリーン雇用という働き方』人材ソリューションハンドブックを
差し上げますとお知らせしましたが、もうひとつ最新の追加情報です。

私も「エコ就職」をテーマに連載を担当している
今年1月に創刊されたスローマガジン「ドミンゴ」ですが、
http://www.gihyo.co.jp/magazines/domingo
当日、スピーカーでお越しくださる編集部の大倉さんのご好意で、
先着50名のみなさまにその創刊号をプレゼントすることになりました。
こちらもお楽しみに、当日はお早めにご来場いただければと思います。

以下、広報文になります。
まだまだ転送も大歓迎です。よろしくお願いします!


■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

  エコ就職・転職シンポジウム2005

       〜グリーン雇用という働き方〜

         By 国際青年環境NGO A SEED JAPAN

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


誰しも働くのなら、仕方なく働くのではなく、
働くことでいきいきできる、そんな働き方をしてもらいたい―
国際青年環境NGO A SEED JAPANでは、そのような想いの下、
これまでも「エコ就職・転職シンポジウム」を開催してきました。
誰もが長い人生を仕事とともに生きます。
生きるためには働かなければならないし、
「働くこと=生きること」といっても過言ではありません。

私たちの生活は環境によって支えられ、
環境を守らなければ生活することもできません。
仕事を通して環境に貢献することを考えたことがありますか?
日常生活の外で何か特別なことをしなくても、
自らの働き方で、仕事そのものが社会貢献につながるのです。
「自分たちの生活の中で守るべきもの=環境」だとしたならば、
働くことや生きることを通して環境に貢献することができます。
環境と仕事は「人」という字のように支え合っているのです。

2005年2回目の「エコ就職・転職シンポジウム」は、
「環境」と「働く」ことを結びつけた「グリーン雇用」を提唱する
株式会社グレイスとのコラボレーション企画です。
いきいきと働くことで環境に貢献している4人のスピーカーをお招きし、
パネルディスカッションでは、質疑応答の時間もご用意しています。
あなたのオリジナルのワークスタイルを見つけるために、
「グリーン雇用」を実践する人たちの声に耳を傾けてみてください。


■「A SEED JAPAN」とは?
1992年に開かれた地球サミットへ青年の声を届けるために
結成された「A SEED 国際キャンペーン」の一環として設立された
国際青年環境NGOです。

■「グレイス」とは?
研究開発、環境ソリューションの人材派遣、人材紹介を通して、
多くの企業とのパートナーシップを構築し、
持続可能な社会の実現を目指す人材ソリューション会社です。

----------------------------------------------------------

日時:2005年2月13日(日)13:30開場 14:00開始 17:30終了
会場:パナソニックセンター東京
   http://www.panasonic.co.jp/center/tokyo/access/index.html
東京都江東区有明2丁目5番18号
りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分、ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分
定員:200名
参加費:ASJ会員、グレイス登録スタッフ・グリーン雇用サポーター500円/
    非会員・学生1,000円/非会員・社会人1,500円
主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
   http://www.aseed.org/
共催:株式会社グレイス
   http://www.grace-e.co.jp/
協力:松下電器産業株式会社
   http://panasonic.co.jp/
   パナソニックセンター東京
   http://www.panasonic.co.jp/center/tokyo/

-----------------------------------------------------------

■プログラム

□講演「グリーン雇用で社会を変える!」
安井 悦子 氏(株式会社グレイス 代表取締役社長)
http://www.grace-e.co.jp/

□パネルディスカッション「『グリーン雇用』の体験談〜働くあの人に聞いてみよう〜」
            「働くエコライフ〜Think Critically, Work Peacefully〜」
○パネリスト
【発想のオリジナリティを磨いて、記憶に残る人になる】
大倉 誠二 氏(株式会社技術評論社 ドミンゴ編集部)
http://www.gihyo.co.jp/indexJ.html
【「できちゃった起業」でセクシーな社会を目指す】
須子 はるか 氏(ジャストレード株式会社 代表取締役社長)
http://www.justrade.net/
【生まれ育った街の新たな魅力をプロデュースする】
ハセベ ケン 氏(NPO法人green bird 代表、渋谷区議会議員)
http://greenbird.jp/
http://www.hasebeken.net/

-----------------------------------------------------------

■申込方法

参加を希望される方は、
お名前:
会員/非会員の別:
所属:
TEL:
E-mail:
このシンポジウムに何を期待するか、どんな話を聞きたいか:
を明記の上、info@aseed.org までお早めにお申し込みください。
定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
なお、キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。

■お問い合わせ
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
担当:木村
〒160-0022 新宿区新宿5-4-23
TEL:03-5366-7484  FAX:03-3341-6030
E-mail:info@aseed.org


※なお、参加された方にはもれなく全員に、
A SEED JAPAN ニュースレター「種まき」2月号と
グレイス『グリーン雇用という働き方』人材ソリューションハンドブックを、
また、先着50名のみなさまにはスローマガジン「ドミンゴ」を差し上げます
posted by k at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

フロム神戸

硬直していたこのブログ。
みんな、私の日記状態になっても知らないですよ〜〜

さてさて。
26日にまた青春18切符で神戸へ帰ってきました。
しかし東京―熱海間は寒かった。。。
「アラスカはこんなもんではない!予行演習だ!」っと
勝手に自分に言い聞かせ、耐えました。
26日は、ルミナリエ最終日。
このときばかりは震災を思い出さずにはいられない。
震災で亡くなった方々を追悼するため、
また、復興の元気付けとして、
毎年灯される光たち。
そこで聴く生のAnointed Mass Choir・Briton Mass Choir(http://www.anointed.jp/)のゴスペルはすごいものがありました。
のりのりの観客の一員の私たちは曲の途中での、
“You Love Kobe??”の問いに、
大声でイエース!!と答えていました。

前置き長くなってしまいましたが、
前回のcafé antena(http://peacefulenergy.org/antenna/index.html)でのサロン&bibliothèqueお疲れ様でした。
また濃い時間が過ごせちゃいましたね。
あの空間はとんと素敵です。
あやの写真は感激でした。
プチ写真展みたいでした。
次回はたぶん2月6日らへんになるかと思われます。
あと近いうちに24,25,26Kで、
グランドKサロンやりたいね。
想像しただけでよだれが出ます。

はるかでした。
posted by k at 00:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

サロン開催のお知らせ

日時:12月22日 
    8時〜
場所:カフェ・ガボウル
   http://www.mugendai.org/gabo/index.html

図書館企画、どうなるかわからないのですが(ごめんなさい。。。)
とりあえず、今回はみんなに自分の本を好きなだけ持ってきてもらうことになると思います。よろしく!貸し借りすることについてはまだ保留で。

あと、私が、8時15分までバイトがあるため、
最初サロンをまとめてくれる方を募集しま〜す。
バイト先は恵比寿なので、すぐ来れるので、
もし誰もいない場合は開催時間を遅らすことになると思います。
なのでよろしくお願いします(ほんまに、誰かお願い!)。

では、前回同様、
はるかまでこれる方は連絡してください!!
今回は期限もきめちゃいます。
日曜日までにお願いしま〜す。

春香がこれるそうなので、
みんな楽しみにまっちょれ〜

はるかでした。
posted by k at 10:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

うしまめ通貨と銭湯とガイアシンフォニー

はるかです。

土曜日、姉弟私3人が集まった。
姉は高知から連休を使ってこっちにきたのでした。
そして高知の地域通貨の「うしまめ」の話になった。
すごい機能しているようでした。少なくとも姉は楽しんでいた(取引を記録する『うしまめ手帳』はすでに2冊目)。
地域のつながりが強いから、やりやすいのかな〜。
友達が作った帽子とか、
引越しで整理して出た服だとか、
もちろん朝市での野菜とか、
いろんなものがあるようです。
もっと詳しく調べる必要がありますね。
また報告します〜
高知よいね〜

そしてその夜は近くにある銭湯にいってみた(2回目!)。
これがまたほんとすごい銭湯で。
昭和の時代の匂いがぷんぷんする所なのです。
風呂敷の語源は分かる。
銭湯のおばちゃん、お客さんとも、
なぜか自然に話しができる、そんな不思議な空間。
興味がある方、是非銭湯ツアーしましょう。待ってます。

先週木曜日から「タイマグラばあちゃん」に続き、
「ガイアシンフォニー」の連続上映があり、
映画三昧。
お財布は寂しくなるけど、
心はいっぱい。
どぼどぼ溢れるくらいに、
出演者の方々から素敵な言葉が出てきて、
それを電車を待ちながら、覚えている言葉をノートの書き込む。
みんなも、ほんと時間さえあればだけれど、
見ることをお勧めします。


posted by k at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

エコプロダクツ2004

どうもこんばんわ、エミリです。24Kの者です。
25Kの方でハジメマシテの方、どうぞよろしくお願いしまーす!

さて。
私、10日に東京ビッグサイトにて行なわれておりますエコプロダクツ2004に行って参りました。
http://www.eco-pro.com/
ひっろい!
企業の取り組みからNPO・NGOブースまでかなり幅広く楽しめます。で、色々学べます。
今年度は『プロダクツ』といっても、モノを作り出すことには重点を置いていなくて、むしろ社会全体のエコの概念やシステムをデザインすることにフォーカスを置いてる模様。
そんなこんなで自分の興味関心とどんぴしゃだったのでグーでございました。

明日(11日)までやっているので、(ってもうこれ他の人が読むときには終わっている可能性も大ですが)興味のある方、行ってみてはいかがでしょうか。
自分のブログでも結構書いたのでトラバっておきます。
お時間ある方、どうぞー♪

posted by k at 02:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

お知らせ と 長いおまけ

みんなが書けるように、サインインアドレスと、パスワードを、
とりあえずコメントくれてる人に送りますね〜まっててちょ。


【おまけ】
@私は渋谷から学校まで行く時、できるだけ人のいない道を通って行くのですが、その道沿いにあるお店を紹介します。
・・・CRAFT SPACE わ we can light up your life・・・http://www.craftspace-wa.com
最近、ここでペルーの手作りベストと、メキシコのピアスを買いました。
12月1日〜23日までは、フィンランドの絵本を展示しています。
R.コイヴからT.ヤンソン、そして今活躍中の個性的な作家たちの素敵な絵本が紹介されています。ムーミンファンはもちろんのこと、北欧好きにはたまらんと思います。他にも、クリスマスということで、フィンランドのニットやフェルトの小物、人気のぬいぐるみ、飾りも、スウェーデン、フィンランド、ドイツ等からのがおいてあります。

A地球交響曲(gaiasymphony)一挙上映!@下高井戸シネマ
地球交響曲→http://www.gaiasymphony.com/
下高井戸シネマ→http://www.ne.jp/asahi/kmr/ski/shimotakaido_cinema.html

この映画については、思いが強すぎてうまく書けません。以下に第一番公開に際しての監督である龍村仁さんの文をHPから引用いたします。

・・・・・・・・・・・
GAIAガイアとは、ギリシア神話に登場する地球の女神、いわば「地母神」のことです。このドキュメンタリー映画は、あたかも、ガイアが奏でるシンフォニー(=交響曲)のように、それぞれに独立した主題をもった楽章が重なり合って、全体として地球という大きなハーモニーを奏でています。
この映画は、メッセージ性の強いドキュメンタリー映画ですが、つねに、「地球の中の私、私の中の地球」(この言葉は、1992年ブラジルで開かれた「環境と開発に関する国連会議」の提案書に使われてました)という、とても大事なテーマが語られています。
それぞれの楽章は、世界各地の、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、日本での取材を行ない、「今」を語るに相応しい人々6人に登場していただいています。それぞれの分野で、大きな仕事を成し遂げた人物が、自らの体験をふまえてメッセージを送ってくれました。

もし、母なる星地球(ガイア)が本当に生きている一つの生命体である、とするなら、我々人類は、その"心”、すなわち"想像力”を担っている存在なのかもしれません。我々人類は、その"想像力”に依って化学技術を生み出し、地球の環境を大きく変えて来ました。現代の地球の環境問題は、良い意味でも、悪い意味でも、人類の"想像力”の産物だ、といえるのです。だとすれば、危機が叫ばれるこの地球(ガイア)の未来も又、人類の"想像力”すなわち"心”の在り方に依って決まってくるのです。
この映画は、21世紀の到来を前に、地球(ガイア)の未来にとって、極めて示唆的なメッセージをもつ世界の6人の人々のオムニバス映画です。登場人物はいずれも、現代の常識を越えた事を成し遂げた人、あるいは体験した人達です。
今生きている我々ひとりひとりが、"心”にどんな未来を描くかに依って、現実の地球(ガイア)の未来が決まってくる。映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」が、全ての人々の"心”のための元気薬になれば、と願っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

第二番は憧れのジャックマイヨールが出ているし、第三番は私の人生の最大の師である星野道夫を中心としています。第四番には、凄まじい、しかし綺麗な澄んだ版画を描く沖縄伊是名島出身の版画家・名嘉睦稔さんも出ています。今夏に公開された第五番には、西表島在住の草木染色家の石垣昭子さんが出演されています。他にも魅力的な人がたくさん!詳しくは公式HPを見てください。私は今回また一番から五番まで見たいと思っています。みなさんも是非!これは本当にすばらしい映画です。
長くなりましたが、おまけでした。
posted by k at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。