2004年12月08日

お知らせ と 長いおまけ

みんなが書けるように、サインインアドレスと、パスワードを、
とりあえずコメントくれてる人に送りますね〜まっててちょ。


【おまけ】
@私は渋谷から学校まで行く時、できるだけ人のいない道を通って行くのですが、その道沿いにあるお店を紹介します。
・・・CRAFT SPACE わ we can light up your life・・・http://www.craftspace-wa.com
最近、ここでペルーの手作りベストと、メキシコのピアスを買いました。
12月1日〜23日までは、フィンランドの絵本を展示しています。
R.コイヴからT.ヤンソン、そして今活躍中の個性的な作家たちの素敵な絵本が紹介されています。ムーミンファンはもちろんのこと、北欧好きにはたまらんと思います。他にも、クリスマスということで、フィンランドのニットやフェルトの小物、人気のぬいぐるみ、飾りも、スウェーデン、フィンランド、ドイツ等からのがおいてあります。

A地球交響曲(gaiasymphony)一挙上映!@下高井戸シネマ
地球交響曲→http://www.gaiasymphony.com/
下高井戸シネマ→http://www.ne.jp/asahi/kmr/ski/shimotakaido_cinema.html

この映画については、思いが強すぎてうまく書けません。以下に第一番公開に際しての監督である龍村仁さんの文をHPから引用いたします。

・・・・・・・・・・・
GAIAガイアとは、ギリシア神話に登場する地球の女神、いわば「地母神」のことです。このドキュメンタリー映画は、あたかも、ガイアが奏でるシンフォニー(=交響曲)のように、それぞれに独立した主題をもった楽章が重なり合って、全体として地球という大きなハーモニーを奏でています。
この映画は、メッセージ性の強いドキュメンタリー映画ですが、つねに、「地球の中の私、私の中の地球」(この言葉は、1992年ブラジルで開かれた「環境と開発に関する国連会議」の提案書に使われてました)という、とても大事なテーマが語られています。
それぞれの楽章は、世界各地の、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、日本での取材を行ない、「今」を語るに相応しい人々6人に登場していただいています。それぞれの分野で、大きな仕事を成し遂げた人物が、自らの体験をふまえてメッセージを送ってくれました。

もし、母なる星地球(ガイア)が本当に生きている一つの生命体である、とするなら、我々人類は、その"心”、すなわち"想像力”を担っている存在なのかもしれません。我々人類は、その"想像力”に依って化学技術を生み出し、地球の環境を大きく変えて来ました。現代の地球の環境問題は、良い意味でも、悪い意味でも、人類の"想像力”の産物だ、といえるのです。だとすれば、危機が叫ばれるこの地球(ガイア)の未来も又、人類の"想像力”すなわち"心”の在り方に依って決まってくるのです。
この映画は、21世紀の到来を前に、地球(ガイア)の未来にとって、極めて示唆的なメッセージをもつ世界の6人の人々のオムニバス映画です。登場人物はいずれも、現代の常識を越えた事を成し遂げた人、あるいは体験した人達です。
今生きている我々ひとりひとりが、"心”にどんな未来を描くかに依って、現実の地球(ガイア)の未来が決まってくる。映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」が、全ての人々の"心”のための元気薬になれば、と願っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

第二番は憧れのジャックマイヨールが出ているし、第三番は私の人生の最大の師である星野道夫を中心としています。第四番には、凄まじい、しかし綺麗な澄んだ版画を描く沖縄伊是名島出身の版画家・名嘉睦稔さんも出ています。今夏に公開された第五番には、西表島在住の草木染色家の石垣昭子さんが出演されています。他にも魅力的な人がたくさん!詳しくは公式HPを見てください。私は今回また一番から五番まで見たいと思っています。みなさんも是非!これは本当にすばらしい映画です。
長くなりましたが、おまけでした。
posted by k at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのね、ガイアシンフォニー@下高井戸シネマ。目つけてました。12月中に結構マッハな速さで上映するのよねー。みたいみゃー。

CRAFT SPACEいいわ〜♪今春はスカンディナヴィアへの旅をもくろんでいるのでまさにタイムリーなお店だ。あ〜〜旅のこと考えるとゾクッとするよー。

図書館企画したいよー。次回は22日?
Posted by ゆーこ at 2004年12月10日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。